熱拡散亜鉛めっき設備

熱拡散亜鉛めっきとは

防錆新時代、来たる!

熱拡散亜鉛めっきとは、イスラエルのDiSTeK社が開発した、粉末の亜鉛(亜鉛ミックスパウダー)を使用する新しい表面改質法です。
熱拡散亜鉛めっきでは、専用のコンテナに材料を入れて回転させ、攪拌しながら加熱することによって製品に亜鉛を拡散させ、亜鉛と鉄の合金層を形成します。

熱拡散亜鉛めっき

熱拡散亜鉛めっきの特長

settings技術面の特長
01.
膜厚の均一性と高度な腐食抵抗性
02.
ショットブラストで前処理を行うため、水素脆性の心配がない
03.
凹凸がある部分(刻印等)にも、製品の表面に沿って層が形成される
04.
膜厚は20μm~100μm以上まで、さまざまなニーズへの対応が可能
05.
合金化により表面硬度もビッカース硬度で平均310HV程あり耐摩耗性にも優れている
06.
塩害に強いため、沿岸部/豪雪地帯/海洋構造物などで特に有効活用できる
07.
表面層がスポンジ状になっており、トップコートや塗装との密着性にも優れている
08.
被膜のすべてが合金層であるため、曲げ耐性にも優れている
09.
鉄をベースとする鋼種にコーティング可能(炭素鋼/ステンレス鋼/クロムモリブデン鋼等)
10.
膜厚や後処理の条件を変更することで、ユーザーのニーズに合った耐食性を選ぶことができる
(塩水噴霧試験時間500時間~5000時間超)
eco環境面の特長
01.
熱拡散亜鉛めっきに用いる亜鉛ミックスパウダーは有害物質フリー
02.
トップコート処理もクロムフリーで環境に配慮されたトップコートと、より耐食性の高い三価クロム系トップコートの2種類を用途により使い分け可能
03.
従来のめっきに比べ、廃液や廃水が少なく、クローズドでの排水処理も可能
04.
有害な重金属類は、RoHS指令/REACH規制の規格基準値内である
05.
従来のめっきに比べ、ミストの発生がなく、ヒュームの発生も少ない
(亜鉛パウダーを使用するため、集塵機/換気装置/防塵マスク等の粉塵への対策は必要である)
assessmentコスト面の特長
01.
オペレーター、検査員、梱包要員などの人材が最小限ですむ
02.
一般的に使用される製品や部品についてはコーティング作業がマニュアル化されており、オペレーターの育成が容易である
03.
工程はプログラムによって管理されるため、加工条件の算出が容易である
04.
ニーズに応じて設計されたコーティング設備の提供が可能
05.
コーティング設備ならびに排水処理設備がコンパクトで、広大な敷地が不要

TOP